未経験からWebディレクターになった話

未経験からWebディレクターになれるか…なれます!本人のやる気次第です。そこで具体的に私が何に取り組んできたかを書きます。

SEMって何のこと?リスティング広告とSEOの違いについて

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20161106212955j:plain

先日、「SEMって何?SEOとは別物なの?」という質問をお客様にいただきました。

Web制作をご依頼いただくお客様と話をしている中で、SEOという言葉自体はご存知の方が多く、割と浸透しているのかな?と実感することがありますが、SEMについてご理解されているお客様は少ないです。というか稀です。

ですので、今回はSEMとは?SEOとは?その辺のお話を書かせていただきます。
どなたかの参考になれば幸いです。

 

SEMとは?

SEOと比較するとあまり浸透していないSEMですが、SEMとは検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing)の略語で、検索エンジンから自分のWebサイトへお客さんを呼び込むためのマーケティングの手法をこのように言います。SEOSEMは別物と思っている方も多いですが、SEMにはSEOリスティング広告が含まれます。つまり、SEMSEOリスティング広告の上位概念ということです。

SEOとは?

自然検索結果上において、上位表示する施策です。

SEOとは?

サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。 また、そのための技術やサービス。

SEOとは:IT用語辞典

SEOは不確実性が高く、また専門的な知識が必要となるSEOは成果が出るまでに時間を要します。SEOによる集客は費用こそかかりませんが(SEO業者に依頼するのではなく自分で行う場合に限り)、更新の手間や労力を考えると簡単なものではありません。

メリット

  • 掲載に費用を必要としない
  • 一度上位に表示されると中長期にわたり一定の流入が見込める
  • 上位に表示されることによるブランディング効果が高い

デメリット

  • 上位表示まで時間を要する
  • 柔軟なキーワード変更が困難
  • 検索ロボットのアルゴリズム(掲載ロジック)次第

内部施策としてのSEO

検索ロボットが、webページの情報を取得しやすく、正しく判断さえるようにする。

外部対策としてのSEO

外部の優良なサイトからの被リンクを増やすことで、検索ロボットが人気度が高いと判別するようにする。

リスティング広告

 

主にGoogleYahoo!JAPANなどの検索エンジンの検索結果にテキストの広告を表示する「検索連動型広告」と、GoogleやYahoo!から承認を得ているWebサイトにテキストやバナーで広告を表示する「コンテンツ連動型広告」の2パターンがあります。
安定的な集客手段としてWebサービス事業者の多くが高確率で選択しています広告手段です。こちらはSEOとは違い広告ですので、費用がかかってきます。
ですがリスティング広告は広告をクリックされて初めて料金が発生することと、低価格なことから導入しやすい手法ですが、やはり広告ですので、クリックすることを躊躇するユーザーがいることも覚えておくとよいと思います。

また、「検索連動型広告」「コンテンツ連動型広告」をGoogleAdWords(アドワーズ)では「検索ネットワーク広告」「ディスプレイネットワーク広告」と呼びますし、Yahoo!プロモーション広告では「スポンドサードサーチ」「Yあほお!ディスプレイアドネットワーク広告」とそれぞれ呼び名が変わります。

メリット

  • 入札次第ですぐに上位表示される
  • コスト効率が高い(クリックされた場合のみ課金)費用対効果がよい
  • キーワードの登録・削除などが用意

デメリット

  • こまめなチューニングが必要
  • 競合との競争次第では広告費(クリック単価)が高騰する。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
SEOリスティング広告など集客の手法はいろいろありますが、結局はマーケティングなので、これで確実に集客ができるといった正解はないものです。なのでPDCAを高速でまわしていくことが効果的です。

大事なのは集客だけでなく、接客・再来訪も大切です。ある程度アクセスがあるWebサイトなのであれば接客・再来訪に力を入れる方が短期的には結果が出やすいかもしれません。