今日もゆみンゴです

SEOの話から妊婦話などをヘロヘロまとめた雑記がこちらです。

Webディレクターとは?何をしている人?偉いの?なんなの?

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20161109225854j:plain

そもそもWebディレクターって何をする人?

Webディレクターってなんだか響がかっこいい職種ですが、具体的な仕事内容について知っている人って実は少ないのかな?と思ってます。

WebデザイナーはWebデザインをする人、コーダーはコーディングする人、ライターはライティングをする人。じゃあ、Webディレクターは何をする人?Webをディレクションする人なんだろうけど、具体的に何してんの?という疑問を私自身がお客様にいただくことがありますので、そちらに答えられるようにまとめてみました!

 

※分業化がしっかりなされている企業と、割と小さな組織においてのWebディレクターは業務内容は異なるかと思います。Web制作会社として多いのは小規模な組織の方なのかなと思いましたので(私の偏見かもですが)、今回は小さな企業の場合のWebディレクターのお仕事について書いております。

 

正確なヒアリングで確実な情報を持って帰るのが仕事だ!

お客様とエンドユーザーをつなげるためのWebサイトを制作するのがWebディレクターのお仕事ですが、お客様と社内のスタッフをつなげるためにもWebディレクターは重要な役割を担っています。

 

お客様のご要望をしっかり指示書やワイヤーフレームに落とし込み、それを社内のデザイナーやコーダー、ライターに伝えます。彼らが仕事しやすいように、 ディレクターはお客様のご要望をしっかりとヒアリングする必要があります。

曖昧な内容で社内に持って帰ってくると社内のメンバーも戸惑いますし、お客様のイメージと乖離した成果物しかできあがらないので、何度も何度も修正する必要が生じてしまいます。その結果、お客様にもご迷惑をかけてしまうことになります。

スケジュールと修正に対応できる社内のリソースがあれば問題のない話ですが、修正も無限に対応していたら自社の利益が減ってしまいますので、その予防策としてあらかじめ修正回数に制限を設けている制作会社もあります。ですが、「この修正は追加費用が発生します…」なんて話をお客様にしたところで 納得するお客様の方が少ないかもしれません。こんなのは話と違う!で、見事トラブル発生となってしまいます。(これはワロエナイやつですね)

「具体的なイメージはないけど、斬新でインパクトのある素晴らしいサイト」なんてご要望をそのまま持って帰ってきたディレクターはふるぼっこでしょう。

ですので、ディレクターはお客様のご要望を確実に具体的にヒアリングする必要があります。

 

社内・社外の調整役!

前述しましたが、お客様とだけでなく、社内のメンバーとの調整役もディレクターの仕事です。制作メンバーにいかにいい成果物を作ってもらうか、ディレクター次第と言っても良いと思います。

お客様のご要望に応えるのはサービス業(ディレクターは接客業でもあります!)として当然ではありますが、中にはクレームをつけることが目的?と思われるようなお客様が実在するのも確かです。また、お客様のご要望がエンドユーザーにとって有益なものとは限りませんので、そういった時にはディレクターはお客様に意見する必要があります。商業サイトであるのなら、意味のない自己満足なWebサイトを作っても意味はありませんし、お客様の利益を考えるのであれば、エンドユーザーを無視するわけにはいきません。

またデザイナー・コーダー・ライターにも向き・不向きがあります。お客様のご要望であったり業種であったりデザインテイストであったり、一番最適と思われるメンバーをアサインすることも、ディレクターの大事な仕事の一つです。

彼らのケツを叩いたり、仕事をしやすいように環境を整えたり、気を遣ったり、気を遣ったり、気を遣ったり(笑)社内営業もディレクターには必要ですよ。

 

メンバーは社内だけじゃない!外注管理もディレクターの仕事だよ!

制作メンバーは社内に限らず、時には外注の力に頼ることもあります。社内であれば融通が効くことも、社外のメンバーと一緒に仕事をすること自体、コミュニケーションが難しかったりします。

また、それぞれの制作会社にもガイドラインであったりポリシーであったりルールがありますので、それらと合致する外注パートナーを見つけることがまず大変…。

社内メンバーであれば「これ、○○追加でお願いね!」「了解!」で済む話が、外注相手となると「こちらですが、○○の追加をお願いできますでしょうか」「そちらですと当初の仕様の範囲外となりますので、追加費用としてピー万円かかってまいります」みたいなやりとりが出てきて正直めんdkdfjaoefja…ですよね!

また、Web業界は敷居が低いからだと思うのですが自称Webデザイナー、コーダーが多いこと多いこと。フリーランスの方とお仕事をする時は、まずちゃんと連絡が取れるのか?を確認することが多いです。案件の途中で音信不通になったり逃げられたりしますからね…(あれ、これは私だけ??)

予算管理も必要だよ!その仕様変更は見積もり範囲内かしっかり見てるよ!

会社によっては営業であったりプロデューサーであったり、予算管理を専門で行う職種のメンバーがいることもありますが、制作途中の案件であれば、ディレクターがそのまま見積もりを提出することもあります。

お客様の修正内容がどさくさに紛れて大きな仕様変更だったりする場合、そのまま「はい、喜んで!」と対応してしまうのではなく、当初の話とすり合わせ、しっかり予算として問題がないか確認する必要があります。

ですので、自社の見積もり内容ですとか、プランの内容をしっかりと把握しておく必要があります)。これ、当たり前の話なのですが、クリエティブな職種の人って、受注金額を聞いていなかったり、確認していなかったり、そういう制作会社も実は多いんですよ!

その見積もりでやっていいこと、やってはだめなこと、これを分からずにメンバーに修正依頼を出したものなら、ディレクターの責任になっちまいますからね。修正依頼を何でもかんでも「対応させていただきます」で受けてはいけないのです。ディレクターにとってコスト感覚は大事です。

常に勉強!スペリシャリストである必要はないが、ゼネラレイストでいようね!

使い古された言葉ですが、Web業界は本当に進化が早いです。常に勉強をしていないとマジでついていけないです。

制作会社にもよると思いますが、一応ディレクターはデザイナーやコーダー、フロントエンジニアなどの上位職種であります。デザインからコーディング、またライティングやらシステム面での知識や経験がないと、正直ディレクターとしてやっていくのは難しいかもしれません。お客様もけっこーな情報を持っていることがあるので、ある程度勉強しておかないと、「あれれれれ?このディレクター大丈夫かな〜^^?」という印象を持たれること間違いなしです。そして、社内でもそれは同じ。制作管理、スケジュール管理、クオリティ管理を行うディレクターがへっぽこであれば、誰もいうことを聞いてくれません。

全て100%知っている必要はありませんが、せめて調べられるきっかけ程度でも持っている必要があります。100と101に大差はありませんが、0と1には大きな違いがあります。調べるにもキーワードが必要ですし、調査にも力が必要です。自分で調べて問題を解決できる力がディレクターには必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?Webディレクターに求められるのは、Web業界の知識だけでなく、人間力であったりするのかなと書いていて思いました。上記の他にも制作管理能力、課題管理能力、スケジュール管理能力、クオリティ管理能力などが必要になってくるかと思いますが、それらはギミック的なところもあるので別で書こうと思います!