今日もゆみンゴです

SEOの話から妊婦話などをヘロヘロまとめた雑記がこちらです。

未経験でWebデザイナーとして雇ってもらうには?インターンがお勧め!な体験談

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20161207003857j:plain

これからWebデザイナーになりたいけど、実際未経験からどうやってなればいいのかわからない…という方、多いのではないかと思います。

ということで未経験からどうやってWeb制作会社に入社したのか、体験談を書こうと思います。

どなたかの何かの参考になれば幸いです。

大学時代にまずはデザイナーになろうと決意(動機は不純)

全くデザインとは関係ない大学に在籍していた当時の私。これからいよいよ就職活動だ…という時に中途半端な学科に進学したことをまず後悔しました。

というのも教育学部に進学していたのですが、教員免許取得が必ずも必須ではない美術系の学科でしたので、どうせ教員にならないし〜との理由で教育関係の授業を全く受けてませんでした。

美術系の学科なので学芸員の免許を取得することを目指すか…と一瞬思いましたがそれも面倒なのでやめました。

当時なりたかった私の職業は「そのうち在宅で自分一人でできる仕事。平日も家でパジャマで過ごせたら最高」。今考えると色々腹にパンチをかましたい考えですが、当時は割と本気で思ってました。

じゃあ在宅でできる仕事は何だろう?パソコン相手の仕事だったら大丈夫かな。じゃあ美術系の大学にいることだし、デザイナーはどうだろう?ということでデザイナーになる方法を調べました。

デザイナーになるにはポートフォリオというものが必要らしい

当時入っていたサークルのフライヤー(チラシ)を作っていた先輩にひっついて、まずはデザインや写真加工をするために必要なソフト(adobeのIllustratorやphotoshop)の使い方を覚えました。見よう見まねでフライヤーを制作してみたりしましたが、美術とデザインは違うなと改めて実感したのがこの時でした。

美術=作品。誤解を恐れずに言えば、アーティストは自分の好きなものを表現する自由があるのに対し、デザインはあくまでも目的を達成するための手段。デザイナーには表現の自由は(やや)ありません。アーティスティックなスキルが必要なこともありますが、基本的に商業デザインは目的を達成するためのデザイン(設計)をしなければならないので、ルールであったりノウハウがあったりする世界なんですよね。

デザイナー希望として就職活動をするにはポートフォリオ(金融の方じゃないですYo)なるものが必要ということで、架空の会社のロゴ・フライヤーを制作して、それを見栄え良くまとめたポートフォリオを作りました。(今見ると寒気がするほど完成度低いです)

インターンというおいしい企業潜入方法

まずは会社に入って一通り技術を身につけ、その後フリーランスでデザイナーになれればいいかなと、県内のデザイン会社の企業調査を行いました。そこで見つけたのが「学生インターン」というとある企業の募集要項。

なんでもスキルを身につけながらお金ももらえちゃうらしい…。

これはおいしいと思い早速Webから応募。必要書類送りなさいとのことなので、履歴書とレベル2ぐらいのポートフォリオを郵送。書類審査通過で面接に呼ばれました。順調な流れで面接を受けに行ってみると、面接をしてくれた方が自分が今通っている大学の卒業生であることが判明。話が盛り上がって(いたと信じたい)そのままインターンとして採用になりました。

しかもインターン中の働き次第ではそのまま正社員として内定をもらえるとのこと。デザインスキルがない方は、普通に正社員として就職を狙うより、こういったインターンやアルバイトから入った方が潜入成功率は高いかもしれませんね。

グラフィックデザイナーとしてのスキルを磨いた

その会社はWebサイト制作会社だったのですが、インターンとしてやらせてもらったのはバナーの制作、あとは紙媒体のデザインなので、Webデザインについては結局何もしませんでした。(最終的に内定はもらったのですが他の条件のいい会社に入社しました)

グラッフィク(紙媒体)デザイナーからWebデザイナーに転身する人は、グラフィックデザインをしていた時のくせみたいなものが抜けないばっかりに苦労をすることがあるという話が多いですが、「デザイン」の経験者よりはグラフィックデザイナーからの転身者の方が有利ですよね。当たり前ですけど。

それでもWebに関する仕事がしたいと思い、Web担当者に転職。

新卒で入った会社は色々ありまして退職。グラフィックデザイナーよりもWebデザイナーの方が今後伸びしろがいいのでは?と次に選んだのはWeb担当者として入社ができる企業。ここですぐにWebデザイナーに転職できればよかったのですが、中途採用のWebデザイナーとなると実務経験が必須の企業ばかりで、たまたま潜入出来そうなのがWeb担当社を募集している企業でした。

Webサイト制作会社と比較すると専門性は低いかもしれないけれど、別の職種は考えられなかったので、ハローワークに行って連絡を取り、必要書類を郵送して応募。その後面接にも合格して入社に至りました。

名ばかりのWeb担当者。Webサイト制作業務はなし!!

入社してみてげんなりしたのが、仕事内容が自社で販売している商品を販売しているヤフオクやYahoo!ショッピングのサイト管理・運用担当であったこと。他にもチラシ制作や社内報など担当しましたが、Web担当者とは名ばかりで、想像していたものとは違う業務内容でした。クリエティブな要素はほとんどなく、テンプレが決まっているので、商品を撮影し、加工し、テンプレに当てはめて編集、それをECサイトへアップ…の繰り返しで、ほぼルーチンワークでした。

これじゃあWebデザイナーのスキルが身につかないな…ということで、転職を決意。よりパワーアップしたポートフォリオを制作し、Webサイト制作会社へ転職を試みました。

晴れて「Webデザイナー」の入り口に到着!!

目星をつけていたWebサイト制作会社に正社員として潜入を試み、見事採用通知をいただきました。スキル不足は熱量でカバーした面接でしたが、Web担当者として前職で責任者をしていたことが評価され、あとはポートフォリオが功をなしたようです。ちなみにポートフォリオにWebサイトのデザインは20%程度しかなかったです。

まとめ

未経験からWebデザイナーを目指すのであればお勧めしたいのがアルバイトやインターンでWeb制作会社に入ってしまうこと。あなたの人生設計や経済面との相談になってしまいますが、できるかどうかわからなくて悩んでいるぐらいでしたら、思い切ってその一歩を進んでみることをお勧めします。

あくまでも私の主観ですが、Webデザイン業界は年代が若い人が多いので、やる気であったり熱量を評価してくれる会社は多い印象です。まずはどうにかWebサイト制作会社に入り、雑用をこなしながら先輩たちの仕事を横目で盗み見、技術や知識を習得することが実は早道なんじゃないかな…と思います。