今日もゆみンゴです

SEOの話から妊婦話などをヘロヘロまとめた雑記がこちらです。

「WordPressでサイトを作ればSEO対策は万全」は間違っている!

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20170527233023p:plain

こんにちは、Webディレクターのtkhs_nnonです:)

CMSとして世界でも最大のシェアを誇っているWordPress。WordPressでの開発は、最初こそ学習コストがかかりますが、結局0から開発するよりも簡単にサイト構築ができるため、ブログとしてではなく、コーポレートサイト(企業サイト)の構築にも使用されることが多くなりました。

そこで気になるのは「弊社はWordPressでサイトを作ります。なのでSEO対策は何も問題がありませんよ!!」というセールストークをする制作会社。

私としてはこの言い方は正しくもあり、間違いでもあり、強引だな…という印象を受けます。

このように謳う制作会社が多いので、実際はどうなのよ?ってとこをまとめてみました! 

そもそもWordPressとは?

WordPressはブログ構築用に作られたオープンソース・ソフトウェア(誰でも自由に無料で使用できるというライセンス形態のこと)です。上述しました通り、WordPressはCMSとしては世界で最大のシェアを誇っています。

大手や有名企業のWebサイトがWordPressで構築されていたりするんで、それを見つけた時は「お!」と思ったりします。

CMSとは「Contents Management System」の略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」のこと。これを利用すると、htmlやプログラミングの知識がない場合であっても、管理画面から簡単に画像やページを編集することができるという、ノンプログラマーにはありがたいシステムなんです:)

WordPressでは予め「テーマ」というものが用意されており、用途やデザインによってテーマを自由に選ぶことができます。テーマは無料から有料まで様々なものがありますし、自分で作ったテーマを販売している人たちもいますね。

サーバー(と必要であれば独自ドメイン)を契約し、WordPressをインストールしてしまえば、自分だけのオリジナルサイトを持つことができます。0からサイトを作る必要がないため、手軽にブログを始めたい方にも、とても便利なのがWordPressなんですね。

WordPressには大きく2種類あります。

WordPressには「WordPress.org」と「WordPress.com」があります。

巷で言われている、カスタマイズが自由に行える、サーバーを自分でレンタルして運用するWordPressは「WordPress.org」の方で、「WordPress.com」は既にサーバーにインストールされているWordPressを使用するサービスの方で、はてなブログやFC2ブログ、アメブロと同じような感覚で使用するのは後者の「WordPress.com」の方です。

「WordPress.com」は、システムの一部を借りてブログを運用するという形になるため、「WordPress.org」ほど自由度は高くありません。ですが、難しい設定は必要ありませんので、それこそ誰でも数分でブログを始めることができるようになります。

世の中で言われている、サイトを作るならWordPressがいい!のWordPressは前者の「WordPress.org」のことですし、私が言っているWordPressも「WordPress.org」の方です:)

で、結局WordPressでサイトを作れば、SEO対策は万全なの?

これからWebサイトを制作を検討されている会社様で、Webサイト制作会社に問い合わせをしたことがある方ならWordPressの話を出された方もいるのではないでしょうか。

WordPressを利用するメリットとしては、予め組まれたCMSを利用することで、初期の制作コストや、開発コストが削減できること。この削減できたコストを他のコンテンツ制作などの予算に割り当てることができることは、WordPressを利用する大きなメリットと言えます。

ですが…

「うちはWordPressを利用してホームページを制作するので、SEO対策は万全です!」

なんてことを謳う制作会社であれば、ちょっと注意が必要かもしれません^^;

WordPressで作ればSEO対策は万全、何も気にしなくていい…なんてことは絶対ないからです。

多くの制作会社がWordPressがサイト構築をすればSEO対策は万全と謳う理由

では、なぜ多くの制作会社が「弊社はWordPressを利用してホームページを制作するからSEO対策はばっちりです」なんてセールストークを用意するのか?

深掘りするとこのようなことを言うかもしれません。

「Googleの検索エンジンを開発する部門の責任者が、Google検索におけるSEOに効果があるということを公認しているから」

こちらに動画が掲載されているので詳しくはこちらでどうぞ。

wisdommingle.com

この業界で働いていれば、恐らく知っているであろう超有名人マット・カッツ(Matt Cutts)さんがこのように言っているから、WordPressはSEOに有利なんだよと、そういう話なんですね。

ちなみに補足ですが、マット・カッツさんですが、2014年からGoogleから遠ざかっており、近年では表に出てくることも少なくなっており、2016年12月31日をもってGoogleから正式に退職しています。

詳しくはこちら。

www.seojapan.com

退職はしてしまっているけど、当時のSEO第一人者と呼ばれる人がこのように言っているから、ふんふん、まぁWordPressはSEOに有利なのは本当なんだよな〜と思いますよね。

が、しかし!

その制作会社のセールストークがこれだけなら雑だなぁという印象です。(もしくはWordPressが有利なのはマット・カッツさんが言っているからだよ〜という根拠さえも言えない、知見のない業者も多数いると思いますが…^^;)

一口にCMSと言っても種類はさまざま。

例えばCMSはWordPressだけかというと、そういうこともありません。法人向けの有償CMSであればMovable Typeがありますし、直感的にホームページの運営管理ができるということで今話題になっているconcrete5など、種類は様々です。また、ECサイトを開設したいというのであれば、EC-CUBEというオープンソースがあり、こちらをダウンロードすれば自分だけのECサイトを持つことができます。

この中で何を利用するのが良いのか?という話になりますが、各CMSでメリット、デメリットがあるので、その辺りは検証した方が良いです。

例えばMovable Typeであれば、オープンソフトウェアのWordPressと違い、サポートが手厚いというメリットがありますし、concrete5であればWordPressよりも素人向けの管理画面であり、より直感的に操作が可能となるため、運用が簡易的であるというメリットがあります。

制作会社にホームページの制作を依頼するのであれば、この辺りの比較についても説明を受けるとよいと思います。担当者の知識がどれほどのものか?確認することができます。

重要なのは「何で作られているか」ではない。

上述しましたようにCMSにも色々ありますが、SEOの観点から重要なのは、何を使っているかではありません。

中には、Movable Typeで制作していたサイトをWordPressでリニューアルしただけでアクセス数がアップした…なんて話もありますが、自然検索での流入を本気で狙うのであれば、WordPressを使用しただけでは十分とは言えないのが事実です。

そもそも、サイトは制作して公開したらそれで終わりという簡単な話ではありません。ユーザーにとって有益な情報を更新し、Googleから価値のあるサイトと評価をされなければ、いくらWordPressで制作したサイトだからと言って評価はされないのです。

素人が0からむやみやたらにサイトを制作するのであれば、WordPressを使用した方が良い

サイト制作など、自分で調べればそれなりのものが作れる時代であると思います。なので、全くの素人であっても、それなりに見栄えのするサイトが作れるかもしれません。

ですが、「ユーザーにとって有益か=Googleから評価されるサイトか?」との話になった時に、ある程度の経験値と専門知識がないと、そういうサイトを制作することは難しくなってしまいます。

これは、正しいhtmlの記述で作られているか?サイト構造として分かりやすいものになっているか?

そういった点を無視して0から作ってしまうのであれば、予めWordPressでサイト構築をした方が良いとは言えます。0からWordPressと同等のものを構築しようと思うと、そう簡単ではありませんので…

SEOは結局、相対評価。検索結果には他サイトがどうか…が鍵。

SEOについて理解するには、まずインターネットの仕組みを理解している必要があります。

日本の最大シェアを誇る検索エンジンと言えばGoogle。日本でのSEO対策とは、つまりGoogle対策とも言われています

インターネット上に無数にあるサイトの中から、ユーザーがキーワードを打ち込むことで「検索」をします。そのキーワードに対して、よりユーザーが求めている内容とマッチしているとGoogleが判断したページから上位に表示されます。

無数にあるサイトは、全てGoogleによって点数付けされており、その点数が高いサイト(ページ)ほど上位にくるような仕組みになっています。

この点数付けの仕組みについては公開されていませんが、実際の順位を見て、SEO業者やWebサイト制作会社は「きっとこういう点数付けをしているのであろう」という予測を立てます。

(前述したマット・カッツさんのように、Googleの責任者やスタッフがアルゴリズムについて語る時もありますが…)

ユーザーにとってより求めている内容に近いサイトを上位表示させるのが検索エンジンでありますが「他サイトがあってこそ相対評価がなされる」、これがSEOのポイントでもあると私は思います。

もし、新しいサイトやブランドを立ち上げる、そのために新しくサイトを制作する必要がある…ということで私が声をかけてもらった時、そのサービス名・ブランド名まで首を突っ込んで提案することもあります。

巷に溢れた名称を使ってしまうと、インターネット上でもサイトが埋もれてしまう可能性があるからです。強豪が多いキーワードほど、インターネット上で上位に検索させるのは難しいです。

小手先のSEO対策はもはや通用しない。

ひと昔前のSEO対策と言えば、被リンク(他サイトからリンクされること)が多いほどGoogleから評価された事実があったため、そういった被リンクを販売するSEO業者がたくさんいました。

その結果どうなったかというと、お金のある企業などのサイトがインターネットの上位にきてしまい、ユーザーが求めている情報が検索上位に来ているとは言いがたい状況になってしまいました。

これではいかんとしたGoogleが偏った被リンクが多いサイトは評価しないようにアップデートを行いました。(ペンギンアップデートですね)

また、検索エンジンからより多くの検索流入を狙うため、キーワードを詰め込むサイトも多かったのですが、これらのサイトが評価されないようにもアップデートをしました。(パンダアップデートですね)

ということで、日に日に賢くなっているGoogleの検索エンジンに対して、小手先のSEO対策はもはや通用しなくなってしまっているのが現実です。

ユーザーにとっては大変喜ばしいことですね^^

まとめ

結局、WordPressであろうとなんであろうと、作ったサイトをそのままにするのではなく、ユーザーにとって有益であるコンテンツを更新していくことがSEO対策としては重要である…というお話でした。

なので、WordPressで作っているからうちのSEO対策はばっちりですよ!という業者にはお気をつけください。そういう担当者に限って、SEOの知識はからっきし皆無、公開したら更新もなく放置…ということがよくあります。

どなたかの参考になれば幸いです:)