未経験からWebディレクターになった話

未経験からWebディレクターになれるか…なれます!本人のやる気次第です。そこで具体的に私が何に取り組んできたかを書きます。

アカデミー賞総なめ?笑って泣いて感動できる「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)は観なきゃ損

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20170528001630p:plain

2017年2月24日に日本で公開が始まった「ラ・ラ・ランド」(LA LA LAND)。

今年度のアカデミー賞候補としても名高いこの映画を観てきましたので、感想とネタバレを書きたいと思います。

ですが、この映画は絶対映画館で観た方が面白いですよ!!

※これから劇場で観たいという方はネタバレを含みますので注意してください!

キャッチコピーは「夢をみていた」、「観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテイメント」。

予告編はこちら

登場人物紹介

ヒロインは女優を夢見るミア・ドーラン。大学を中退して上京、女優になるためにいくつもオーディションを受ける毎日ですが、どのオーディションにも受からず、カフェでのアルバイトを続ける日々を送っています。

演じるのは『アメージングスパイダーマン』にてヒロインを演じたエマ・ストーン。

売れないジャズミュージシャンのセバスチャン・ワイルダー(通称セブ)。大好きなJAZZを提供できる飲食店を経営するのが夢。

演じるのはライアン・ゴズリング。

あらすじ

出会いは最悪

渋滞にハマるミア。車の中では今日受けるオーディションの練習中。

あまりに練習に夢中のあまり、先の車が進んでいることに気づきません。

その後ろに車を並べていたセブがクラクションを鳴らしながらミアの車を追い越します。

すれ違いざま二人は多分こう思いました。「このクソ野郎!」

偶然な出会いが二人の距離を縮めます

友人とパーティーに出かけたミアは、一人で先に帰宅することに。ですが、停めていた自分の車がレッカーされていました。

虚しい気持ちで歩いて帰路につくミアの耳に、ピアノの音が届きます。切ない気持ちにさせるなんとも言えないメロディ。気になったミアはそのピアノの音が聞こえる店に入ります。

そこでピアノを演奏していたのがセブでした。

セブの演奏にすっかり心惹かれるミアでしたが、声をかけようとするミアをまるで突き飛ばすようにしてセブはその場を去ってしまいます。

ミアには聞こえていませんでしたが、セブはその店のオーナーに言われていた決められた曲を弾くことという約束を破り、自分の好きな曲を弾いていたがために、たったいまピアニストとしてクビになっていたのでした。

その後、パーティーで二人はまた再会します。

改めて自己紹介をする二人。セブはどうやらミアが自分を見下している、と勘違いをしていたため、クソ野郎みたいな行動を取ってしまったと言いました。

二人は徐々に距離を縮めます。

ミアが恋人と別れ、セブとの約束に駆けつけます

元々恋人がいたミアは、彼氏とその兄との会食を約束をした日に、セブと映画を観る約束をしてしまいます。

セブの連絡先をミアは知りません。

セブは約束の時間になってもこないミアを諦め、一人で映画を観ます。ですが、そこにミアが現れました。

ミアは恋人よりもセブを選びました。

微妙な仲だった二人は、お互いに惹かれていることに気づきました。

映画は機械の故障で上映中止に。二人は、映画のシーンで出てきた「グリフィス天文台」へ向かい、デートの続きを楽しみました。そこで初めてのキスを交わします。

セブの成功を機に、二人の関係に変化がおきます

二人の交際は順調そのものでした。

ミアはいつか大女優になりたい、セブはいつかジャズの店を持ちたいと、それぞの夢を語りました。

ミアはセブの提案で、オーデションを受けるのではなく、自分で脚本を書いて舞台を行なうため、準備を始めました。

そんな中、前のバンド仲間であるキースに、セブはバンド入りを誘われます。

一度は断ったセブでしたが、稼ぐために仕方がないと割り切ります。

そのバンドが成功し、セブも人気アーティストの仲間入り。次第に家を空けがちになり、ミアと会う時間も少なくなってしまいます。

セブの演奏を観るために、バンドのライブ会場に足を運ぶミア。そのバンドのジャズとはかけ離れた音楽性に、ミアはクビを傾げてしまいます。

ミアの誕生日、セブはサプライズを用意して待ってくれていました。

もっと二人で一緒にいる時間を増やすため、ツアーに同行しては?とセブは提案しますが、ミアは舞台の本番が近いからと断ります。また「あのバンドをいつまで続けるつもりなのか、ジャズの店を持つという夢を妥協するつもりなのか?」とセブに問いかけます。

次第に口喧嘩はヒートアップしてしまい、ミアは家を出ます。

ミアの舞台にセブは現れなかった

ミアの舞台の当日、セブは突然入ったのか、自分が忘れていただけなのか、撮影が入ったために舞台を観に行くことができませんでした。

ミアの舞台は散々でした。会場を出て行く観客からは「大根役者」「あれで女優は無理」と言った感想が聞こえてきました。

すっかり自信を無くしたミアは、舞台公演後現れたセブに「すべて終わったのよ」と言い残し、故郷であるネバダに帰ってしまいました。

ミアにオーデションに来るようにと連絡が

後日、その後ミアと距離を置き続けるセブの元に、ミアに「舞台で演技を見た。ぜひオーディションを受けに来て欲しい」と配役会社のディレクターから連絡がきます。

セブはミアがいるネバダまで、その情報を伝えに行きます。(なぜ電話をしないのかはわかりません。セブの電話にミアが出ようとしなかったのかもしれません)

もう恥をかきたくない、これで落ちたら本当に立ち直れなくなると尻込みをしているミアに、明日迎えに来るから絶対に受けに行くんだと言葉を残し、セブはその場を去りました。

後日、約束に時間にミアを迎えに行くセブ。ですがミアは現れません。諦めて車を出そうとした時にミアが「コーヒーを買っていた」と遅れて現れます。

オーディションを受けるミア。なんでもいいから語るように言われたミアは、夢追い人であった叔母の話をします。どうか、夢追い人に乾杯を。愚か者に乾杯をー…

オーディションを終えて二人は久しぶりに会話をします。

ミアはオーディションに受かったら、数ヶ月パリで撮影を行います。セブはロサンゼルスに残って夢を叶えるためにしなければならないことがあります。

「様子を見よう」

5年後、二人の生きる世界は別々に。。

夢を叶えたミアは大女優担っていました。子供も産まれており、旦那さんもいましたがその旦那さんはセブではありません。

夕食にでかけたミア夫婦は、ジャズの音に惹かれてバーに入ります。

そこに掲げられていた店名は「セブズ・バー」。これはミアがセブズのために考えた店名でした。セブズも夢を叶え、自分の店を持っていたのです。

夢を叶えた二人ですが、愛した人も生きる場所も、別々なのでした。

セブが実際に弾いているのは実際に俳優のライアンが演奏しています!

この映画の驚きなところの1つとして、劇中で使用されているセブのピアノの演奏シーンは実際に俳優のライアン・ゴズリングが演奏しているというのですから驚きです。

だいたいこの手の映画というのは演奏している手先は別カットで撮られていたりするのですが、こちらの映画はしっかり俳優さん自身が演奏しているんですよね。しかも実際に充てられた演奏も、実際にライアン・ゴズリングが演奏したままの曲を使用しているそうです。

ライアン・ゴズリングは劇中で完璧な演奏をするために、他の仕事を断って3ヶ月の間ピアノの特訓に励んだんだとか。

プロ意識の高さには圧倒されますね!

いろんなミュージカル映画をオマージュしています!

デミアン・チャゼル監督は「ラ・ラ・ランド」の劇中で、数々のクラシックなミュージカル映画をオマージュしています。それはもう、「ラ・ラ・ランド」がミュージカル映画の集大成とも言わんばかりの数のオマージュが隠されています。1つや2つではありません。

これら全てを解釈するのには時間がかかりますが、既に公開から数ヶ月経っている海外では、比較の検証が進んでいました。

こちらの動画をどうぞ!

La La Land - Movie References from Sara Preciado on Vimeo.

映画の余韻をCDで味わえる!

劇中の音楽が最初から最後までサイコーなのですが、サントラはもう販売されているのでいつでも手に入れることが可能です。

※私はソッコーで買いました。

Ost: La La Land

Ost: La La Land