今日もゆみンゴです

SEOの話から妊婦話などをヘロヘロまとめた雑記がこちらです。

SEO的に記事は何文字以上書いた方がいい?評価される文字数とは

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20170921231300p:plain

こんにちは、Webディレクターのゆみンゴです^^

ワードプレスでサイト構築したお客様から、よくされる質問があります。

「記事は長ければ長いほどSEO的に評価されるの?記事は何文字を目安に書けばいい?」

そこで、私がWebディレクターとして普段お答えしている内容を書きます〜。

お客様から必ずと言っていいほどされる質問。「どのぐらい文字量が必要なの?」

私が勤めているWebサイト制作会社では、ほとんどのサイトをワードプレスで構築します。それはもう95%ぐらい。

サイトの新規制作やリニューアルを検討されているお客様には、以下の内容でワードプレスをご案内をします。

こちらを説明すると高い確率でワードプレスでの構築を希望されるようです。

  • 検索上位されるサイトにしたい場合、記事の更新頻度も重要ですよ。
  • 更新するためには更新が簡単なワードプレスがいいですよ。
  • ワードプレスだとSEOにも有利ですとGoogleの関係者も公言していますよ
  • 無料のCMS(ブログシステム)をカスタマイズして作るので、0から作るよりもコストを抑えられますよ。

で、無事ワードプレスでのサイト構築が終わり、納品のタイミングでお客様からいただく質問がこちら。

で、SEOのためにワードプレスがいいって言ってたけど、記事はどのぐらいの文字量を目安に書いていけばSEO的に効果があるの?

ブログや記事などを書いて情報発信している人であれば、一度でも気にしたことがある疑問ではないでしょうか。

結論から言うと、何文字書いたら絶対大丈夫!みたいな目安はない

よく、「ブログは最低でも2,000文字は書きましょう」とか、「できることなら1記事10,000文字あったほうがいいです」とか解説している記事を目にしますが、これって根拠がないんですよね。

中には、「○○文字書いていたらアクセスアップしました!」なんて内容もあったりしますが、これはそのブログがそうであっただけで、他のブログやサイトにそのまま当てはまる話ではないのです。

というのも、大事なのは文字数ではなくてあくまでも中身だから、というお話です。

目安はないけど、文字数が多いほど検索上位になりやすいのは事実

わかりやすく詳細に説明しようとすればするほど、長文になりやすくなります

また、詳細に説明するためには「共起語」とよばれる、「あるキーワードについて語るときに出現しやすい言葉」がたくさん含まれるようになります。共起語をたくさん使用している内容であれば、そのキーワードについて詳しく説明できている内容であるとGoolgeに判断されやすくなります。

結果的に、文字数が多ければそれだけ読者にとって有益な情報となる確率は上がります。

ですが、だからと言って冗長に長文にしたからと言って、Googleが文字数の多さだけを見て評価を上げるということは考えにくいです。

文字数を目標にするのではなく、あくまでも内容を「わかりやすく詳細に」なるように努めるべきですね。

私の感覚値としては4,000文字がちょうどいい。

かといって何文字が正解とかありませんように〜なんて言っても何の参考にもなりませんよね。

私がブログを続けていてこのぐらいがちょうどいいかな?って思うのは大体4,000文字です。

自然検索流入でよく読まれている「仕事ができる人ほどよく喋るし上機嫌。不機嫌な人はアホ[齋藤 孝]上機嫌の作法」「SEOに効果的なディスクリプション、キーワードの入れ方」こちらの記事はどちらも4,000文字程度。

1,000文字以下の記事は本当にさらっとしか書けないし、最低でも2,000文字は書きます。

10,000文字以上の怪物記事もあったりしますが、さすがに10,000文字もあると、なかなか読めないものですよね^^;

この辺りの解説はクロネさんがわかりやすーく解説しています:)

fukugyo-senryaku.com

わかりやすく詳細に書いた結果、○千文字の長文の記事になった…が正解

文字数だけを意識して文章を書いていると、読者にとっては必要ではない、書き手都合の不要な文がだらだらと続いてしまいます。

これではわかりづらいコンテンツが出来上がってしまい、SEO的にも評価されることもないですし、せっかく読んでくれた読者も「期待した内容が書かれていない」と判断し、途中で離脱してしまいます。

せっかく書いたのに、これではので非常にもったいないですよね。

ですから、○○文字以上を書こう!と文字数を目標にするのではなく、あくまでもその書きたい事柄に対して詳細にわかりやすい記事やコンテンツにするという目標を立てて書けば、必然的に文字数は多くなるし、それが正解というお話ですね。

読み手によって文字数も適切な情報量も変わってくる

あなたが書いた記事やブログがターゲットとしている読者はどのような人でしょうか?

例えば私は今、SEOに関する内容を書いていますが、これが「初心者向け」か「玄人向け」かによって使用する用語も内容も変わってきます。

誰に向けて書くか?この設定によっても取り扱う情報は変わってきますよね。

分かりやすい記事にするには文字だけでは足りない場合もある

コンテンツとしての分かりやすさで言えば、文字だけの説明では不十分な場合があります。

場合によってはイラストや画像などの方が説明に適している場合もありますよね。もしくは動画という手段だってあります。

SEO的には文字数が多い方が有利だから〜と文字数だけをベースに考えるのではなく、あくまでも「読者が読んでわかりやすく詳細」な内容になっていることが大事です。

長文記事はSNSでシェアされやすい傾向にある

長文記事はソーシャルメディアやソーシャルブックマークでシェアされやすい傾向にあります。

読みきれなかったためにブックマークされたり、全部を読んだことをアピールするためにシェアされたりするためですね。

そうすると何が良いかというと、シェアを通じて被リンクが増えるため、SEOとしての評価が上がることが期待できるわけです。

まとめ

あくまでも大事なのは読者(ユーザー)目線

ユーザーにとって有益な情報を分かりやすく詳細に書くことを目標に記事やブログを書き、サイトを育てていくことが大事ということです。

また、検索上位を目指す!と息を巻いているお客様に対してはあらかじめそんな一朝一夕でできるような簡単なことではないですよ〜と先にご案内をしています。

実際にSEOの効果を期待できるのは3ヶ月ぐらい経ってからかな?というのが経験則です。SEOに関しては長い目で取り組んでいく姿勢が大事ですね。