今日もなみンゴです

SEOの話から妊婦話などをヘロヘロまとめた雑記がこちらです。

妊娠7ヶ月で増加体重が10kgになったけど、太り過ぎ?の話

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20170715230701j:plain

こんにちは、Webディレクターのtkhs-nnonです^^

妊娠7ヶ月を迎えました。特にトラブルもなく、これまでの検診も特に異常なし。しかし、順調すぎる体重増加をなかなか止めることができず…^^;

妊娠7ヶ月になったことでわかったことがたくさんあったので、まとめてみました!

体重が増えすぎ…7ヶ月でなんと10kg増

妊娠初期に嘔吐などのつわりのなかった私は、むしろ食べづわりでしょっぱなから順調に体重を増やしてしまいました。

妊娠7ヶ月3週目を迎えた今、元の体重から10kgも増えてしまっている状態です。

鏡を見るとそこには一回り大きくなった自分がいました。顔に肉がついて、顔のパーツがより中心に集まっているその様は、まるでこんな感じ…

f:id:tkhs-nnon:20170716150954p:plain

出展:http://www.line-tatsujin.com/detail/a07527.html

前回の6ヶ月検診から2週間しか経っていないのに、2kgも増えてしまっています。

理想の体重は毎月+1kgが理想と言われており、本来であれば7kg程度に体重増加を収めなければならない中、これは非常にまずい状態です^^;

不安になってネットで検索してみると、「妊娠7ヶ月 10kg」でヒットする内容がたくさんありました。でも、面白いことに「妊娠7ヶ月 12kg」とか「妊娠7ヶ月 5kg」など、それぞれの体重でみんながみんな悩んでいることもわかりました。

体重が増えすぎるのはなぜ悪い?

「妊婦は食べることが仕事」なんて自分にとって都合のいい言葉を鵜呑みにしていた私は、食欲の赴くままに食べまくりました。でも、これって昔の話なんですよね。

今は、できるだけ食べ過ぎずに体重を増やさないようにするのが妊娠の際の常識のようです。

体重が増えすぎると、糖尿病や妊娠高血圧症候群になってしまう恐れがあり、難産になりやすいとうリスクがあります。

また、産道に脂肪がついてしまうと赤ちゃんが通れなくなってしまい、帝王切開になってしまう場合があります。

痩せすぎもよくありませんが、太り過ぎもよくないため、妊婦さんは体重管理をしっかり行わなければならないのですね。…と分かっていても体重増加は抑えられませんでした^^;

ではどのぐらい太っていいのか?

妊娠中に増えていい体重は人それぞれで、最適な増加体重は身長、体重からBMI値を出せばだいたいの数値はわかります。

BMI=体重(kg)÷身長(cm)×身長(cm)

・BMI値 18.5未満(やせ型)→9~12kg
・BMI値 18.5~25未満(標準)→7~12kg
・BMI値 25以上(肥満型)→5~7kg

私はBMIが20.5だったので、増やしていいのは7〜12kg。今すでに10kg増えているので、このままいくと出産時には15kgぐらいにはなりそうです。完全にオーバーしてますね!

この7〜12kgの振れ幅は、BMIの数字によって見方を変えましょうというもので、例えばBMIが標準の中の18.5の人であれば12kgが目安体重だし、25の人は7kgが目安体重となるようです。

体重増加について産婦人科の先生に相談したところ、私の場合は妊娠初期で増えてしまった分があるのでこうなっているとのことでした。

ダイエットはしなくていいので間食は抑え、ひとまず2週間後の検診で0.5kg程度の増加に抑えてくれれば大丈夫とのアドバイスをいただきました。

最近は毎日行けていなかったウォーキングも、今後はしっかり行っていきたいと思います。

便秘がひどくなり薬を処方してもらいました

妊娠前は快便でしたが、妊娠してからは便秘に悩まされるようになりました。4〜5日出ないことが当たり前の状態です。

便秘になってしまうのは妊婦によくある話です。原因としては、妊娠による運動不足や、大きくなった子宮が腸を圧迫してしまうことなどが挙げられます。

産婦人科の先生に相談したところ、妊婦でも飲める下剤を処方してもらいました。

シンラック内服液0.75%(一般名:ピコスルファーナトリウム水和物)

f:id:tkhs-nnon:20170716151534j:plain

出典:http://bennpikaisyouhou.com/category24/entry453.html

便を出やすくすし、腸管内容物を排出させる働きのある薬です。

こちらを数滴飲み物に垂らし、それを寝る前に飲みます。次の日の朝にお通じがある…という薬なのですが、何滴たらすかは調整して飲む必要があります。

私は最初少なめにして飲みましたが、少なすぎたのか全然便意がありませんでした。その後、ちょっと増やして飲んでみたところ、翌日ではなく、その次の日ぐらいにお通じがありました。が、その時は下ってしまい、数十分トイレから出れなかったです。冷や汗が出る腹痛がありました。

ということで、調整がなかなか難しい薬でした^^;

おまけ:歯科検診は安定期にいきましょう!

妊娠検診には歯科検診も含まれます。私も自治体から支給される受診券で歯科検診を受けてきました。

歯周病が早産の原因にもなるそうで、不安な気持ちで検診を受けましたが、結果的に虫歯が3つもありました。そのうち2本は親知らずでしたが、一番悪い状態の歯は銀歯の下で虫歯が進行してしまっているとのことで、レントゲンを撮る必要があるとのこと。

歯科医の先生のお話では、歯科医のレントゲンは微弱なものなので、お腹の胎児に影響があるものではないので、行っても問題のないとのこと。ただ、レントゲンに不安を感じる方もいるので、もし妊娠中は行いたくないということであれば、出産後に治療を始めるので、次回レントゲンを撮るかどうか返事を考えてきてくださいとその日は検診のみで終了しました。

念のため産婦人科の先生にも相談しましたが、「実施の判断は、歯科医の先生に任せる」とのことでした。 

銀歯についてはそのまま取り除いてもらって、レントゲンを取らずに治療を進めてほしいところですが、次回歯医者に行った時にまた相談してみようと思います!

 

www.gogo30.link