未経験からWebディレクターになった話

未経験からWebディレクターになれるか…なれます!本人のやる気次第です。そこで具体的に私が何に取り組んできたかを書きます。

鈴木亮平さんはバイリンガル?帰国子女?英語がペラペラな理由

スポンサーリンク

f:id:tkhs-nnon:20170627214204p:plain

こんにちは、Webディレクターのtkhs-nnonです^^

和田竜さん原作の「忍びの国」がもうすぐ公開されますね!

その「忍びの国」にも「下山平兵衛」役と出演している鈴木亮平さんですが、英語がペラペラすぎる!と話題になっています。

鈴木亮平さんは帰国子女?バイリンガル?きになったのでまとめてみました^^

鈴木亮平さんのプロフィール

1983年3月29日生まれ、兵庫県出身。(意外にも関西出身!)

2011年に結婚しており、既に娘さんがいる。(この辺はあまり公にしていませんね)

身長186cm、70kg。

血液型はA型。

2006年、テレビドラマ「レガッタ〜君といた永遠〜」で俳優デビュー。

2007年に「椿三十郎」で映画デビュー。

「HK/変態仮面」や「俺物語」など、肉体改造が必要となる個性的な役を見事に演じきるストイックな俳優さん。

2018年(平成30)年には大河ドラマ「西郷どん」の主役・西郷隆盛を演じるということで注目を集めています。

▼大河ドラマ「西郷どん」の詳細はこちら!

www.nhk.or.jp

鈴木亮平さんの流暢な英語はこちらの動画よりご確認ください

さてさて、話題となっている鈴木亮平さんの英語力はどのくらいのものなのか?実際に英語でお話ししている動画がありますのでご覧ください^^


鈴木亮平、日本初上陸バーガーを試食!感想は英語で シェフに質問も 「ROPPONGI GREEN OASIS」オープニングセレモニー3


【芸能人の英語力】流暢な英語で舞台挨拶をする鈴木亮平の英語力


【芸能人の英語力】世界遺産好きな鈴木亮平の英語力その1 【英

ペラッペラですね^^;

なぜ鈴木亮平さんは英語がペラペラなのか?

鈴木亮平さんは帰国子女…ということではありません。ですが、帰国子女でさえ合格が難しいとされる英検1級を持っています。(ちなみに英検1級の合格率はわずか10%…)

というのも、鈴木亮平さんは小学校2年生の時にアメリカ・ロサンゼルスに留学した経験があり、留学経験はそれだけにとどまらず、中学校2年生の時にオーストラリア、中学校3年生の時にアメリカ・スポケーン、高校1年生の時はアメリカ・オクラホマ州へと転々と留学を繰り返していたとのことなのだから驚きです。

高校生時代にはスピーチコンテストで優勝した経歴も持っているとか!

ただ留学に行っただけでは英語が喋れるようにはならないという事実は、多くの人が経験しているはず。

東京外語大学の外国語学部欧米第一過程英語専攻を卒業し、英検1級の他にも世界遺産検定1級を取得している鈴木亮平さん。この英語力は自らの努力で獲得したものと言えますね!

なぜ英語スキルを身につけようと思ったのか?

英語の他にもドイツ語が堪能であり、中国語も少し話せるという亮平さん。

なぜ英語をそこまで鍛えようと思ったのか?こちらについては「しゃべくり007」の中で答えていましたね。

「役者になりたいから東京に行こう。せっかくだったら、役者になるんだったら海外の作品もやりたいから英語を勉強しつつという…。」

「その時すでに海外は描いてらしたわけだ?」

「そうですね、はい。」

引用:しゃべくり007より


鈴木亮平は英語ペラペラ?!英語で話している姿がカッコいい!

ちなみに、俳優を志す前の小学生の時には、俳優ではなく声優になりたいという夢を持っていたそうです。

なんにせよ、目的のためであれば努力を惜しまないその姿が素敵ですね!

まとめ

役作りのために体重を数十キロ単位で調整するストイックな鈴木亮平さん。そのストイックさは勉強に対しても同じだったということですね。